公立高校が難関になっているから

[ 2014-09-17 ]

高校受験に塾通いは必要です。志望校が公立高校の場合、学校の授業だけで充分なのではないかと考えられる方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。最近の公立高校の中には、私立高校を凌ぐほどの難関校も増えています。そのようなレベルの高校の入試問題は、中学校で教える学習内容を大幅に超えています。入試問題には、高校で学習するような問題も含まれていますから、学校の授業だけで対応しようというのにはかなり無理があります。塾に通うことで、そういった難関校の入試問題や問題傾向に慣れていくことができるのです。中学校では、入試を視野に入れた授業など行ってくれません。受験が間近に迫っているのにもかかわらず、中学校の範囲の学習も終わっていないというところもあります。学校に任せていては、合格できるものもできなくなります。塾に通い、先手、先手の学習を始めるようにしましょう。塾の学習は、受験だけでなく、合格後の高校での学習にも必ず役立ちます。