公立高校と私立高校での大きな違いも

高校受験において塾や予備校に通ったり通信教育教材をとったり家庭教師を雇ったりして受験対策を行うというのが一般的に行われています。高校の入学試験対策は中等教育課程で学んだことの復習で事足りるべきですが、実際にはそれだけでは試験によって受験生に差異をつけることが難しいこともあり、少し発展的な内容も学ばざるを得ないということがあります。しかし、本当に塾に通ったりしてまで受験対策を行う必要があるかというと判断が難しいところです。ただし、1つはっきりしているのは公立高校志望か私立高校志望かによってその結論が違いうるということです。 公立高校の受験内容の場合には基本的には教育指導要領から逸脱することはできず、教科書に書いてある内容から正答を導き出すことが中学生の力でも可能であるということを綿密に吟味しています。このため、教科書の復習だけでも大概のことは足りてしまうため、必ずしも塾に通って受験専門の勉強を行う必要はないと言えます。しかし、私立高校の場合には状況が少し異なります。教科書の内容から若干の逸脱があってもそれを実料試験として認めてしまっているところがあるため、教科書の外の内容を勉強しておくことが受験対策に役立つからです。このため、塾に通って私立高校受験のための受験対策指導を受けるということに大きな意味があり、やはり塾に通うことは重要であるということができます。このように、公立高校受験と私立高校受験では傾向が違うために塾に通う意味も生じうるということです。実際には、不合格になってしまったときのことを考えて、第一志望が公立高校であってもそれだけを受けるということは稀であり、必然的に私立対策を立てなければならないという状況になります。そういった影響もあるため、両者間に大きな違いがあるにもかかわらず、やはり高校受験の勉強を行う上では塾に通うということが有利に働くようになっているのです。