高校の数が減少したのも理由かも

高校受験は中学生が直面する大きな関門の一つで、人生において最も重要な選択をする一つの機会であると言えます。 そのため、中学生は高校受験のために家庭教師を雇ったり、塾に通ったりと3年生にもなると躍起になります。 しかし、以前は色んな塾がありましたが、ここ数年で減少しています。 大手の学習塾でも、閉鎖を余儀なくするところがあり、完全に規模を縮小しています。 一概には言えませんが、塾の数が減少している一つの理由としては高校の数が減少しているからだと言えます。 もっと一般的に言うと、社会全体で子供の数が少なくなっているからです。 それに付随して高校の数も少なくせざるを得なくなったからです。 一般に高校は義務教育ではないので、必ずしも通わないといけないわけではありません。 もちろん、中には中学卒業で働いている人もたくさんいます。 しかし、現代社会では、90パーセント以上が高校に進学し、そして卒業しています。 今では高校を卒業しなければならない風潮すら感じられます。 しかしながら、そんな中でも子供の数が減っているため、高校自体も生徒募集に骨を折らざるをえません。 つまり、人気のある学校は存続し人気のない学校は淘汰されていくのです。 そう考えると、やはり経営基盤がしっかりとした高校、しいては人気のある高校へ入らせたいということを保護者は当然考えます。 また、そういった学校に入ることで保護者のステータスにもなります。 塾に行く子供というのは、そういった人気のある学校に入りたいと思っている、もしくは思わされている子供です。逆に受け皿となる学校に入るのであれば、当然勉強をしなくても入ることができるため、塾に通う必要はありません。 少子化に輪をかけて二極化しているため、塾の数も少なくせざるを得ないのです。 以前のように高校の数が多かった時は、第一志望に行けなかった場合でもある程度満足できるかも、という受験校がありました。しかし、現代では上記のように二極化しているために、いわゆる「滑り止め」が大分、志望校よりも下にあるのです。 本当に第一志望で受かりたいのであれば、塾なども利用しながら自分で勉強をする習慣をつけなければなりません。